みなさま、こんにちは

近頃は、寒かったり温かかったりと、気温の変化が大きいですが
体調などくずされていませんか

突然ですが、四国といえば何を思い浮かべますか
お遍路さんの四国八十八ケ所巡りを思い浮かべる方も多いと思います

少し前のお話ですが、父が車で八十八ケ所巡りを始めるというので
便乗してお参りを始めました

もうすぐ新年を迎えますが、2016年は閏年
逆からまわるとご利益が倍増ということで
88番大窪寺から始めました。(回りきるのは無理なのですが・・)

この時は、ちょうど紅葉の見頃
香川の紅葉スポットとして有名な大窪寺では
お遍路さんと紅葉狩りを楽しむ人たちでにぎわっていました

紅葉

もちろん、大窪寺名物の打ちこみうどんもいただきました
体があったまって、とってもおいしかったです

うどん

85番の八栗寺は不思議な形をした山、八栗山の山の上にあります
山頂付近に、お迎え大師さんのある展望台があり、高松市内が一望できます。

八栗寺

見逃してしまいそうな場所にありますが
ぜひぜひ眺めてみてください

この日は他にも長尾寺、志度寺、屋島寺、一宮寺など
6つのお寺をお参りすることができました

香川のお寺は観光スポットとしても有名な場所が多く
景色もきれいな場所が多いです

新年の初詣など、ぜひ訪れてみてください

クリスマスもおわり、今年もいよいよあとわずかとなりました。
みなさま、今年はどんな一年だったでしょうか

今年もJR四国をご利用してくださいまして
ありがとうございました

みなさま、よい年末年始をお過ごしください。
私たちは、年末年始もみなさまの旅の一コマを彩れるよう
がんばります
みなさんこんにちは

先日、徳島県鳴門市にある
大塚国際美術館へ行ってまいりました

大塚国際美術館へは鳴門駅から路線バスで約15分
鳴門のうずしおスポット「渦の道」や観光船のりばも近くにありますが
この日はあいにくの大雨

アート鑑賞に徹することにしました

この美術館は、他の美術館とはちょっと違います
なんと本物は一つもありません
世界25カ国、190余りの美術館の作品が
陶板に原寸大で再現されたレプリカなのです

原画がないけど人気
前々から気になっていたのですが、想像していた以上にすごかったです

とても再現とは思えない壮大な
北イタリア パドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂

スクロヴェーニ礼拝堂


また、印象派の画家モネの夢であった
屋外での展示を叶えたモネの「大睡蓮」
(夏には作品の周りの池に睡蓮の花が咲くそうです

IMG_4344.jpg

経年劣化のため修復されたレオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」の修復前後など
IMG_4361.jpg

他の美術館では決して味わうことのできない空間がたくさんありました

教科書などに載っていた、
この作品見たことあるっていうものもたくさんありますよ

作品は1000点以上あり見応えたっぷり。
館内にはレストランやカフェなども併設されていて
疲れたら休憩することもできます

また、有名な作品は写真がとれない美術館がほとんどですが
ここでは好きなだけ作品と一緒に記念撮影ができるのもおすすめの一つです

瀬戸内国際芸術祭2016は終了してしまいましたが、この冬は
ぜひ大塚国際美術館へ足を運んでみてください



みなさま、こんにちは

12月に入り、冬の気配を感じられるようになってきました
みなさま、いかがお過ごしでしょうか

少し前のお話になりますが
10月の下旬に高知県へ日帰り旅行をしてきました

まずは土佐市で開催されていた
出間沖花*花フェスタ
そこでは季節はずれの
ひまわり畑が広がっていました

ひまわり畑

ひまわりを見ていると前向きで
元気な気持ちになれます

花*花フェスタではパラグライダーによる
空からのキャンディプレゼントのイベントがあったり

パラグライダー

地元名産品の露店があったりと
たくさんの人で賑わう楽しいフェスティバルでした

ひまわりさんに元気を貰った私たちは
ランチを食べに行きました

野菜ソムリエの方が
営むピザ屋畑山ガーデン
ここは野菜を存分に楽しめる
野菜ピザを頼むほかありません

野菜ピザ

想像を遙かに超えるおいしさでした
今まで食べたピザの中でダントツ1位です


お腹が満たされた私たちは
日本一の「水質」と「青さ」を誇る
仁淀川を見に行きました

まずは、青の滝壺にこ淵

この場所へ行くにはロープを伝って
険しい急斜面を降りていきます

にこ淵までの道のり

もはや「崖」です

崖を降り続けること5分…

見えてきました
入浴剤のような水色

にこ淵までもう少し

はやる気持ちを抑えて
ゆっくりと慎重に降りていくと
そこには絶景が広がっていました

にこ淵

滝のマイナスイオンに癒やされる~
これぞまさに仁淀ブルー

こんなに神秘的な場所が
四国にあったんだと感動さえ覚えました



次に向かったのが安居渓谷

ここも透明度が高く
鮮やかなブルーが特徴的で
とっても美しいです

安居渓谷

大きな岩を眺める

こんなに大きな岩はどこからやってきたのだろう…
自然の驚異に圧倒されるばかりです

安居渓谷を存分に楽しんだ後
久喜沈下橋を見に行き
高知で晩ごはんを食べました

カツオのたたき

たくさん遊んでたくさん食べて
リフレッシュできた1日になりました

これから冬の気配が深まります
風邪など引かないよう十分お気をつけください
ある朝、何気なくテレビをつけると

 ~ぼくらのロコモーション 

がんばれ 機関車 シュシュ ポッポッ
~ 

で始まる懐かしい歌が
NHKの子供向け番組で流れていました

幼い頃の私はこの歌がお気に入りで
よく口ずさんでいたものです

この歌の中に

 ~お腹いっぱい 石炭食べて 煙モコモコ走る~ 

という歌詞があるのですが、私は
石炭を食べる列車=蒸気機関車(SL)の
生の姿は見たことがありません(´・_・`)


そこで、50代の運転士さんにSLについて話を聞くと

「小学生の頃はよく見かけたし、乗ったこともある。
特に発車のときの汽笛の音がすごかった

とのことでした


そうです
私達が乗務しているこの線路の上を
蒸気機関車は走っていたのです

今はもうその勇姿を見ることは簡単にはできませんが
展示された車両はいつでも見ることができるんですよ


その場所は
多度津駅(駅舎から少し丸亀寄りの海側) です
蒸気機関車

この蒸気機関車の名前は『58685
愛称はハチロクです

ひっそりと佇む中にも力強さを感じます

ハチロクは駅に降りてはもちろんのこと
多度津駅に停車する列車内からも
眺めることができます

香川県内では、この機関車を含めて5両が、
四国内では10両以上も展示されているそうです

興味のある方は是非
ご覧になってくださいね
みなさん、こんにちは
 
来年の4月から6月まで大型観光キャンペーン
「四国デスティネーションキャンペーン」が開催されるのはご存知ですか

それに先立ち10月1日から12月31日まで
「四国プレデスティネーションキャンペーン」が開催中です
キャンペーンにあわせて四国を旅するのに
便利でお得な切符が続々登場しています

私も先日3連休をいただき、お得な切符でほぼ四国を半周してきました

私が利用したのは、この切符
四国西南周遊バス&レール切符です

高知駅から松山駅までの特急やこの地域のバスも利用できる
とってもお得な切符です
※切符について詳しくはリンク先をご覧ください※

夜行バスで高知まで来た友人と合流し、まずは中村駅へ
途中この列車ともすれ違いました

鉄道ホビートレイン

マウンテンバイクを借りて四万十川沿いを気持ちよくサイクリング
中村駅から約8キロ・・・佐田の沈下橋を目指します

旅行前に台風が上陸し、穏やかな四万十川はかなり水が増水
観光案内所のお姉さんにも逆に貴重ですよといわれました

佐田の沈下橋

沈下橋をしばし堪能したあとは
地元で女子に人気という「Hata's Kitchen」というお店で
ランチビュッフェをいただきました

ランチ

地元の食材がたくさん使われた料理はどれもおいしく
メニューも豊富で食べ過ぎておなかが痛くなるほど食べてしまいました

マウンテンバイクを返した後は宿毛へ

この旅のメインは宿毛から約1時間・・・
鵜来島に行くことだったのですが、島の話はまた後日
24時間鵜来島を堪能した後は、宿毛に戻ってきました

宿毛ではマグロが有名な「居酒屋いごっそ」でマグロ三昧

まぐろ

いや~赤味も中トロも大トロも、うますぎる
マグロのカルパッチョや、ネギトロ丼もいただきました

この日は宿毛に泊まり翌朝バスで宇和島へ

宇和島からはアンパンマン列車で松山に。
昨年までいしづちとして私も乗務していた2000系アンパンマン列車
ひさびさに再会できました

途中の伊予大洲では伊予灘ものがたりにも遭遇。
アテンダントさんとお殿様に手を振ってもらえました

伊予灘

この切符では松山までですが、今治まで乗り越しをし
最後に今治のB級グルメ「焼豚玉子飯」をいただきました

焼き豚玉子飯

しばらく魚ばっかり食べてたので、ひさびさのこってりしたごはんが
とっても美味しかったです

今回旅をしてみて、あらためて
四国にはおいしいものがたくさんあるなぁ~と感じました

みなさんもお得な切符を使って
四国のおいしいものぜひぜひ味わって見てください


Before  | Copyright © JR四国客室乗務員でございます All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ