みなさま こんにちは

夏休みが終わりだんだん秋が近づいていますね

瀬戸内国際芸術祭 夏会期も9月4日で終了してしまいました

私は夏会期終了の直前に小豆島

小豆島は、瀬戸芸の作品が展示されている島の中でも
一番大きく、作品も多く展示されています
すべて見て回るのは難しいので、絶対にみたい作品を決めて
まずは肥土山・中山地区に向かいました

このエリアでは3つの作品が見れます
「うみのうつわ」「獅鹿垣の島」という作品を見た後
いちばん見たかった「オリーブの夢」に向かいました

田んぼに囲まれた脇道を稲の香りを感じながら気持ちよくウォーキング
これも芸術祭の楽しみです

徒歩25分かけてやっと到着しました

オリーブの夢

想像以上に大きくてキレイです
さっそく中に入ろう!とパスポートを探すと・・・・ない
ポケットに入れていたはずが、歩いている途中に落としていました・・・

結局来た道をまた25分かけ戻り、案内所に向かうと届けられていました
時間を大幅にロスしましたが、やっと中へ

中

4000本の竹で作られたドームの中はとても広く圧倒されます
竹ごしに青空を見ながら寝転がり、心地よい時間を過ごしました

このあたりは千枚田と呼ばれる日本の棚田百選に選ばれた棚田が広がっています
棚田と山と青空と作品とが調和し、本当に美しい風景を見ることができました

棚田

ランチ後はサクサクと池田港、醤の里、草壁港エリアの作品を見て回りました

2人までしか入室できない作品や
竹やぶの中にある茶室など見所満載でした

いろいろ作品

食をテーマにした今回の瀬戸芸
作品をかねたジェラートのお店「graf」で
焼きなすとスイートポテトのジェラートもいただきまました

ジェラート

なすやお芋の味がしっかりしていて、とてもおいしかったです

私の不注意で予定より回れなかったのですが
小豆島の作品と景色を楽しむことができました

残すは秋会期のみ
秋限定で開催される西の島も多く今から楽しみです
私もまだまだ回りきれていないので
秋会期中の休みは瀬戸芸めぐりをしようと思います

みなさんもぜひ、瀬戸内海の島々へ足をはこんでみてください

 | Copyright © JR四国客室乗務員でございます All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ