みなさんこんにちは‼︎

待ちに待った瀬戸内国際芸術祭2016
平成28年3月20日より、いよいよ始まりました

マリンライナーに乗務していると、瀬戸内国際芸術祭に
おでかけしているお客さまをたくさんお見かけします

瀬戸内国際芸術祭は通称「瀬戸芸」と呼ばれていて
瀬戸内海に浮かぶ12の島を舞台にと開催される
3年に一度の現代アートの祭典です‼︎

先日のブログ(3月17日UP)で紹介した
JR四国が企画している日帰りツアー
瀬戸内島めぐりの旅の中の1つ
ゆったり満喫アートな直島」に行ってきました

私は瀬戸芸に行くのも、直島に行くのも初めてで…ドキドキワクワク

高松港に集合して船に乗り、約1時間かけて直島へ!
船はとてもキレイで快適でした

船内には、ボランティアさんも一緒に乗船され
芸術祭について、なんでも気軽に聞くことができます‼︎

直島の宮浦港に着くと
有名な赤かぼちゃがお出迎えヾ(o´∀`o)ノ
実際にかぼちゃの中に入って
写真撮影もできちゃいます

瀬戸内国際芸術祭1

赤かぼちゃを堪能した後は、貸切バスに乗り「家プロジェクト」へ
午前中は、「はいしゃ、石橋、碁会所」をのんびり巡りました

日帰りツアーにはランチもセットになっていて
優雅で幸せなひとときを楽しめました
デザートにプリンまで(≧∇≦)
お腹も心も満たされ大満足です

瀬戸内国際芸術祭2

まだまだ島の探索は続きますよ
お昼を食べた後は地中美術館と
ベネッセハウスミュージアムへ行きました

ベネッセハウスミュージアムは美術館の中にとどまらず
ビーチや庭園にも、たくさんのアート作品があります

直島のもう一つのカボチャである
黄色のかぼちゃもこの敷地内にあります

この二つの有名なカボチャは
赤かぼちゃのへたは岡山を、
黄色のかぼちゃは高松の方に向いてるそうです

実は、このへたは台風の時に強風で取れて
海に流されてしまっていたのですが
地元の漁師さんが見つけてくれたおかげで
無事に戻ってきたそうです

こういった裏話を添乗員さんから聞けるのも
ツアーならではですね

瀬戸内国際芸術祭4 (2)


ベネッセハウスミュージアムでは、もちろん館内も楽しめます

私のオススメ作品は3人のおしゃべりする人です
あの独特メロディーが…頭に残ります
ぜひ会いに行って下さい

そして次に地中美術館へ
モネの絵を贅沢に鑑賞できます

最後に家プロジェクトの南寺、護王神社、角屋を巡ります
一緒に行った友人は南寺がお気に入りです

実際に南寺に行って
ぜひドキドキする体験を楽しんでみてください

他にも直島にはまだまだたくさんのアート作品があります

瀬戸内国際芸術祭4 (1)


アート直島は島民も一帯となって
瀬戸芸を盛り上げてくれています

私もまた直島を巡りたいなと思いました

瀬戸芸の春会期平成28年4月17日までです

みなさんもぜひお得な鑑賞パスポートを持って
普段は車窓から見ている島々を巡ってみませんか

また、瀬戸芸の夏会期、秋会期にも
魅力的なツアーを企画しているそうです

詳しい内容が決まり次第、お知らせしますね


 | Copyright © JR四国客室乗務員でございます All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ