先日、松山の伊予大平~伊予中山駅間における「トンネル内での列車火災時の避難誘導訓練」を行いました。

これは、トンネル内で列車火災が発生した際の避難誘導訓練です。

JR四国社長をはじめ、四国運輸局、各鉄道事業者、愛媛県警察本部など約100人が参加しました。


訓練はとても緊迫した雰囲気が漂うなか、真夜中に行われました。
車内で煙が発生し、乗客役として今回参加していた人たちの真剣な演技にリアル感が増しました。



車掌の誘導指示に従い、避難梯子で列車から脱出。

トンネル内はとても暗かったですが、車掌や警察の方が足元を照らしてくれて 落ち着いて降りることが出来ました。

トンネル内を想像以上に煙が充満し、視野も悪く細い縁を前の人に続いて歩いていきます。障害物があると声かけをしながら・・・ひたすら歩きました。


車掌の声かけや、中間にいる人の声やライトを頼りに約700m歩き、やっと伊予中山駅までたどり着きました。

トンネルを抜けても外は暗かったですが、駅の光が見えた時は、本当に安心しました。

訓練を終え、「ここはこうした方が良いのでは?」「この時はこうして・・・」等、実際にお客さまの立場になった意見を言い合ったりしていました。
訓練をするだけで終わるのではなく、改善点や見直し今後の課題として、考えてゆかなければと思いました。



事故が起こらない様に細心の注意を常にはらうことはもちろんのことですが、
もし、このような事が起こりうる時は、今回の学んだことを活かしてゆきたいと強く思いました。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jrshikoku.blog.fc2.com/tb.php/43-ec684260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © JR四国客室乗務員でございます All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ