皆様こんにちは
世間は夏休み中で、学生のお客様が格段に増えたと感じる今日この頃です

私たちは、予讃線・土讃線・瀬戸大橋線・(ちょっとだけ)高徳線に乗務をしておりますが、
予讃線・瀬戸大橋線には高松駅を出てすぐに橋があります。
列車に乗っているとゴウンゴウンと少し音が響きます。

ちなみに、この橋の辺りが「まもなく終点高松~」と高松駅到着の放送をはじめる目安となっています。
この橋を渡ったあたりで放送をはじめなくちゃ…おろおろおろおろしている乗務員(私)を車内で見かけてもあたたかく見守ってくださいね

話は戻りまして、この橋が架かっている川が香東川(こうとうかわ)といいます。(郷東川とも呼ばれています)
かつてこの川を大改修したのが、
そう讃岐の水の恩人・西嶋八兵衛さんです。
その際、香東川の安泰の祈願のために建てたものが、
『大禹謨(だいうぼ)』です。

今は、栗林公園の商工奨励館の中庭にひっそりとあります。

だいうぼ
・・・ひっそり


私は、学生時代に栗林公園でガイドをしていたのですが、
これ歴史好きの人には有名らしく、2・3度どこにありますか~
とお客様に聞かれたことがあります


そして、高松駅のかねすえにてこんなものを発見

かねすえ
お菓子にもなっておりますv(。・ω・。)ィェィ♪


香東川を車窓から見ることができるのはほんの一瞬ですが、
歴史に思いをはせて眺めてみてくださいませ


 | Copyright © JR四国客室乗務員でございます All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ