みなさん、こんにちは

少し前になりますが、瀬戸内国際芸術祭2016の春会期中に

沙弥島と瀬戸大橋記念公園へいってまいりました

みなさん、どこにあるかご存じですか

瀬戸大橋を渡り始める直前、列車からもよく見えるこの施設が
瀬戸大橋記念公園と、奥に見える島が沙弥島です

瀬戸大橋記念公園

坂出駅からバスに乗り、まずは沙弥島へ

沙弥島は春会期のみの開催ということで、たくさんの人が作品を鑑賞していました

沙弥島にはナカンダ浜というきれいな砂浜があって、
そこからは瀬戸大橋がキレイに見えます

沙弥島から

穏やかな瀬戸内海と瀬戸大橋、青い空がいい感じでしょう

次に、前から気になっていた瀬戸大橋タワーにも登ってみました

瀬戸大橋タワーは、回転式の展望台で
108メートルの高さまで上昇します

ゆっくりと回転しながら上昇するため、瀬戸大橋はもちろん讃岐富士や、五色台など
座っているだけで様々な角度から絶景が楽しめます

タワーからの景色

最後に瀬戸大橋記念館にも行ってみました

ここには、瀬戸大橋の歴史や、橋の構造などがよくわかる
映像や資料などがたくさんあります

私も初めて知ることが多く、とても勉強になりました

他にも、公園内には、遊具がたくさんあるこども広場や、広い芝生などがあり
家族連れや、ペットの散歩に訪れている人たちでにぎわっていました

いつもは列車の中から眺めていた記念公園ですが
訪れてみると、とても新鮮で楽しかったです

みなさんも足を運んでみてはいかがでしょうか

 | Copyright © JR四国客室乗務員でございます All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ