みなさま、こんにちは

JR四国では3月21日~5月31日までの
土・日・祝日の期間限定で
絶景!土讃線秘境トロッコ』の運行が
開始されているのは
みなさまもうご存知ですよね

え?!なにそれ?!という方は…コチラをクリック

というわけで先日、3月21日
琴平駅でトロッコ列車の出発式が行われました
KD20130321絶景!土讃線秘境トロッコ出発式_(49)

んん?
写真左上に写っているお二人…
明らかに現代人ではなさそう

この方たちは、うどん県のええもんうまいもん自慢のもん
全国にPRしてくれる「うどん県おいでまいキャラバン隊」の
森の石松さんとお玉ちゃんです

76822C9F-2A6B-4234-A722-3B8A616C664D-thumbnail2.jpg
観光大使のお姉さんと一緒に


今回『絶景!土讃線秘境トロッコ』出発式を盛り上げるために
やってきてくれました
現代の観光大使と江戸時代の観光大使の最強コラボ
すごく豪華です

みなさんのおかげでトロッコ列車の出発式は大盛況

それでは森の石松さんとお玉ちゃんのお見送りを受け私は
トロッコ列車に乗って大歩危までの秘境の旅へ行ってきます

あれれ
先ほどの出発式にも来てくれた
三豊市観光大使のお姉さん達も乗っていくようです

ガタンゴトンとトロッコ列車に揺られながら
周りの景色を楽しんでいると
最初の見所がやってきました

秘境駅の坪尻駅。

まるで自然の一部のように
ひっそりと佇んでいます

コピー ~ IMG_4980

この駅では全国的にも珍しいスイッチバックでの
入駅を体験することが出来ます

あ!
そうそう
実は出発式のこの日まで
トロッコ列車のヘッドマークは
発表されていませんでした

ジャジャ--------ン

F3302C33-9C42-4431-98FB-23F95ABB986D-thumbnail2.jpg

ヘッドマークは吉野川に架かる橋梁を渡る
トロッコ列車がモチーフになっています

このように旅の記念にヘッドマークを持って
写真撮影をしていただくことも出来ます

トロッコ列車は春の風を感じながら
阿波池田駅から大歩危駅まで吉野川に沿って走ります

列車から望む大歩危、小歩危の美しい渓谷はまさに絶景

なお、絶景ポイントでは列車の速度を落として
ゆーっくり走るのでお気に入りのベストショットが必ず撮れるはずです

景色単独での撮影はもちろん、カメラを内向きにして自分も写っちゃう…
なんてことも余裕でできちゃいます

なお、車掌さんによる風情溢れる放送案内もあり
見ても聞いてもお楽しみいただけます

そしてこの列車のもう1つの魅力は
地元の方々からの、あたたかいおもてなしです

どんなおもてなしがあるかといいますと…
それは皆さまが乗車した時の
お・た・の・し・み
トロッコ列車に乗車を希望されるお客さま
事前に指定席券のご購入が必須です。
大人:乗車券+指定席券520円
小児:小児料金の乗車券+指定席券260円

1列車60名さま限定です
お早目の指定席ご予約をオススメします

運行日

魅力溢れる『絶景!土讃線秘境トロッコ』
ぜひ、ご家族・お友達お誘い合わせの上
普段とはひと味違った列車の旅をお楽しみください


みなさま、こんにちは

すっかり暖かくなり、春の訪れを告げる桜が各地で見頃となっています

お花見は行かれましたか それともこれからでしょうか





明日から4月、新年度が始まります

多くの人にとって節目となる大切な時期ですね

卒業、そして入学

別れ、そして出会いなど…

見送る側、見送られる側でさまざまな想いがあるのではないでしょうか





私も本日3月31日で客室乗務員を卒業します

昨年、社員採用試験に挑戦したからです

明日4月1日からは再び新入社員としてJR四国に入社し 

一から勉強し直して参ります





「これからどうなるのだろう

3年前、客室乗務員として入社したときの気持ちが蘇ります

不安、緊張、寂しさ…  もちろんあります

しかしこの3年間、客室乗務員として積み重ねた大切なものがあるから

今があるのですよね

そう思うと、頑張っていけます



次の客室乗務員へ



私はこれまで客室乗務員の一員として乗務してきました

そしてこれからも、その経験を糧に一層成長していきます

今後とも、客室乗務員をよろしくお願いいたします


先日、『絶景!土讃線秘境トロッコ』が走ることをご案内しました

今度は、JR四国で走る

可愛らしいトロッコ列車の仲間がリニューアルされるお知らせです



小さいお子さまに大人気の『瀬戸大橋アンパンマントロッコ

このトロッコ列車が、3月21日(土)から

デザインを一新させて運転します


瀬戸大橋アンパンマントロッコは

「高松駅~岡山駅」と「琴平駅~岡山駅」間を運転しています


そのアンパンマントロッコが今回リニューアルデビューします

まずトロッコ車のデザイン
アンパンマントロッコ①

トロッコの車内はこんな感じです
車内写真①71

次に、トロッコを引っ張る車のデザイン
アンパンマントロッコ②


外装には、瀬戸内海をイメージした風景の中に

アンパンマンたちの仲間が描かれています


車内はこんな感じ
車内写真②

車内写真③



今回のリニューアルでは、全体の外装と

トロッコを引っ張っている車の内装もリニューアルしました

「それいけ!アンパンマン」の世界観が、より一層楽しめるようになっています



引続き、お母さんに嬉しいスペースもあります

おむつ交換などに使用できる多目的ルーム
多目的ルーム

ベビーカーを置き場
ベビーカー置き場


そして、トロッコ列車に設置された駅弁などを扱う売店スペースは

こんな感じになりました
駅弁スペース



トロッコ側は森を

トロッコを引っ張っている車は海をイメージしたデザインです



3月21日(土)、瀬戸大橋アンパンマントロッコが運転を始めるにあたって

高松駅で出発式を行います

詳しくはJR四国ホームページをご覧ください


新しいアンパンマントロッコに乗って

瀬戸大橋からの景色も一緒に楽しんでみませんか?










みなさま、こんにちは

ぼくは高松と岡山を結ぶ瀬戸大橋線を走る快速マリンライナーです

いつもJR四国をご利用くださいましてありがとうございます

快速マリンライナーくん①







3月14日にJRグループダイヤ改正が実施となりました

金沢・富山~長野間で北陸新幹線がいよいよ開業となったことなど 

記憶に新しいのではないでしょうか

これで鉄道がさらに楽しく、ご利用しやすく、身近なものになります





ダイヤ改正を期に、ぼくからお知らせがあります

快速マリンライナーの指定席をご利用のお客さまにご案内いたします

あらかじめ指定席券を購入してご利用いただいているお客さまには

切符の拝見を省略させていただくこととなりました



ご乗車の際には瀬戸大橋から臨む景色を堪能していただいたり

ごゆるりとお客さまのお時間を過ごしていただくなど

快適なひとときを心置きなく楽しんでいただけます



なお、発車の1時間程前に指定券を購入されたお客さまや 

指定席券を購入されずに着席されているお客さま、

席を移動されているお客さまにつきましては

従来通り指定席券・乗車券類を拝見させていただくことがございますので

ご了承ください







みなさまのご乗車を心よりお待ちいたしております

快速マリンライナーくん②

3月に入り、思い出す行事

桃の節句、それに学生の皆さんなら卒業式

中学や高校、大学へ進学される方、新社会人になる方など

新しい一歩を踏み出す準備をする時期です


そんな3月、JR四国では新しい仲間が期間限定で走ります

3月21日(土)~5月31日(日)までの土・日・祝日限定

その名も、『絶景!土讃線秘境トロッコ

ヘッドマークはてな


土讃線琴平駅を出て、四国を代表する秘境駅・坪尻駅を通り

大歩危駅まで運転するトロッコ列車です

トロッコ列車のイメージ図にある『?』は何?という方

ここには、トロッコ列車のヘッドマークが設置されますが、

お披露目は3月21日(土)の出発式で分かります

お楽しみに



秘境駅といわれる坪尻駅は谷底にあります

だから、自動車では行けず、それ以外の手段で行くにも

国道から続く、ひとが一人通れる程度の、細く急な坂道を歩きます

正に秘境どれだけ秘境なのか・・・

ご覧になりたい方は、ご自身の目で確かめてみましょう



他にも、阿波池田駅~大歩危駅の間に流れる吉野川に沿った

大歩危峡・小歩危峡の渓谷美も楽しめます



『絶景』をお楽しみいただくために

トロッコ列車では絶景ポイントにさしかかると、

列車の走る速度を落としてゆっくり走ります

ちなみに、トロッコの車内から景色を撮るとこんな感じです

秘境トロッコ車窓(阿波川口-小歩危・白川橋梁)3

秘境トロッコ車窓(小歩危-大歩危・第2吉野川橋梁)3


また、特製のヘッドマークを設置したり

車内で記念撮影ボードをご用意して、停まった駅で記念撮影ができたり

JR四国社員が手作りした沿線マップをお配りしたり

坪尻駅の記念乗車証をお渡ししたり

一部の区間で、地元の特産品を車内販売したり

まさに人のように見える「名頃かかし」が車内でお迎えいたします

名頃かかし



たくさんの『お・も・て・な・し』が詰まった

トロッコ列車『絶景!土讃線秘境トロッコ』

いつもの移動手段とはひと味違った、土讃線の旅を堪能してはいかがでしょうか?








みなさま、こんにちは





3月になりましたね

少しずつ日が長くなり、日差しも暖かく感じます

「もう少しでだなぁ…」と何となく気分もウキウキとして

その訪れを心待ちにしているのではないでしょうか

はたまた、ここ2、3日の激しい寒暖差で風邪を引いたり

花粉症をお持ちの方にとっては

花粉の飛散量が増えてとんでもないという感じでしょうか…





さてさて、話は変わって…





本日は第2弾の2日目、5線区一周コースです
5線区一周


このコースは、上の図をご覧のとおり

高徳線(高松~徳島間)

鳴門線(池谷~鳴門間)

徳島線(徳島~阿波池田間)

土讃線(阿波池田~多度津間)

予讃線(多度津~高松間)

をぐるっと一周します



普段このような乗り方をするお客さまはなかなかいないと思われます

でも高徳線から鳴門線、土讃線から徳島線など

線区から線区への乗換方法を聞かれるのは日常茶飯事で

このコースで乗換の案内をしっかり出来るようにしたいと思いました





では、出発進行





まず徳島行きの特急列車うずしお号に乗車し、高徳線を行きます

前回のコースと同じ時間に発車する特急うずしお号に乗車したので

他の乗務員に「今日はどこ行くの」とビックリされました



この日は天気もよく、少し遠くに広がる海がはっきり見えます
高徳線沿線①

のどかな風景ですね
高徳線沿線②



ここは池谷駅です
池谷駅

V字型に交わる高徳線と鳴門線、その間に駅舎があり

それらは跨線橋(こせんきょう)で結ばれています
高徳線&鳴門線

私たちはここで下車して普通列車に乗り換え、鳴門線を行きます
鳴門行き普通列車





20分程で終点の鳴門駅に到着です
鳴門駅到着

鳴門駅
鳴門駅

鳴門といえばやはり鳴門の渦潮
なるとオブジェクト

特産品なら鳴門わかめなると金時などでしょうか

健康志向で人気のわかめの加工品や、鳴門の地場産品を使ったお菓子など

美味しい商品がたくさんありますよ





次に折り返しの普通列車に乗車し、徳島駅に向かいます
徳島行き普通列車

徳島駅に到着するころには、ちょうどお昼時だったので

徳島ラーメンをいただきました

おなかがすいていたので、みんな黙々と食べてしまいました
徳島ら~めん





次に阿波池田行きの特急列車剣山号に乗車し、徳島線を行きます
特急剣山号

この日は休日でしたので

ゆうゆうアンパンマンカーを繋いでの運転です
ゆうゆうアンパンマンカー連結

お子さま連れのお客さまが多く

ちびっ子たちは列車に乗り込むやいなや

車内のプレイルームで楽しそうに遊んでいます

私たちも
ゆうゆう車内①

座席も足元も天井も… 全てがアンパンマンワールド
ゆうゆう車内②

やなせたかしさんの直筆サインもあります
アンパンマンサイン

また徳島線は吉野川に沿って走っていて

「よしの川ブルーライン」という愛称で親しまれています
徳島線沿線①

列車と吉野川と沿線地域…
徳島線沿線②

行く先々でいろいろな景色と出会うことができました
徳島線沿線③

なかなか上手に撮影できたと思いませんか
徳島線沿線④





あっという間に阿波池田駅に到着です
阿波池田駅①

阿波池田駅
阿波池田駅②

ここは阿波池田駅のすぐ近くにある「へそっ子公園」
へそっ子公園

へそっ子… おへそ… どういうこと…

阿波池田地方は地理的に四国の中心にあることから

「四国のへそ」と呼ばれてるそうです

なるほど





次に阿波池田駅から特急列車南風号に乗り換え、土讃線を行きます
特急南風号



ここで一息…

JR四国では春の期間(3月~6月)に

行楽やご旅行に便利な臨時列車を運転いたします

土讃線では大歩危峡の絶景と秘境駅の魅力をダブルでお楽しみいただける

トロッコ列車「絶景!土讃線秘境トロッコ」を運転いたします



こちらは阿波池田駅がある徳島県三好市のゆるキャラ「秘境竜」
秘境竜

頭には剣山

足元には吉野川

尻尾には祖谷のかずら橋

それぞれ観光地をあしらっています



この春、秘境巡りなどはいかがでしょうか

臨時列車について詳しくは

こちらをご覧ください春の臨時列車運転のお知らせ







特急列車南風号で多度津駅に到着し

高松行きの南風リレー号に乗り換えて、最後に予讃線を行きます

普段私たちが乗務している区間なので

「帰ってきたなぁ」というホっとした気持ちになりました





これにて第2弾 2日目、無事終了です

いかがでしたでしょうか

このブログを見てくださった方々も

一緒に行ったような気分になっていただけたら嬉しいです



実際お客さまに案内するときは列車の時間帯や乗換時分はもちろん

お客さまのご希望やご予定に合わせた案内が必要です

今回学んだことを生かし

限られた乗務時間の中で精一杯ご案内できるように頑張ります





さぁ、次はどこを勉強しに行くのでしょうか

まず、次はあるのでしょうか

乞うご期待



 | Copyright © JR四国客室乗務員でございます All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ