みなさま、こんにちは





第2弾 1日目は高徳線牟岐線突入コースです
牟岐線 突入





このコースは行程を考えるときに苦戦しました


何時にどこまでまで突入するのか…

どのように列車を乗り継げばいいのか…

どこの駅で降りて、何を見るのか…

帰りの列車はあるのか…


行程ができ上がるとそれだけで時刻表を見るのがうまくなった気がしました




さっそく出発しましょう





高松発、徳島行きの特急列車うずしお号に乗ります
特急列車うずしお号


この日は雨でとても寒く、末端冷え性の私は手足がカチカチでした
雨…
三本松駅


ここは引田駅
引田駅で・・・
車掌が駅の入口へ行くので「切符を集めるのかな?」と思っていると

引田駅で降りるおばあちゃんに入口の扉を開けてあげていました

駅によっていろいろな気遣いがあるんですね さすがです

ホッコリと心温まりました



終点の徳島駅に到着し、牟岐行きの特急列車むろと号に乗り換えます
うずしお→むろと
乗ってきたうずしお号と乗り換えるむろと号、ツーショットで撮れました



ちょっと一息…

来月3月20日に高徳線は全線開通80周年を迎えます

これを記念して、香川県と徳島県では

日頃ご利用のお客さまへの感謝を込めたイベント等を開催いたします



沿線各駅にのぼり旗を掲げ

高松駅~徳島駅間で「沿線探検スロー列車」を記念列車として運転したり


「駅からウォーク」や記念写真展の開催などがあります



お客さまと共に長い歴史を育んできた高徳線を

これからもよろしくお願いします





さて次は、特急列車むろと号で阿南駅まで行きます
阿南駅①


阿南駅は改築してまだ新しく、徳島県で唯一の橋上駅舎です
阿南駅②


駅近くには観光案内所もあり、お土産や周辺の情報を知ることができます
阿南駅観光案内所


こちらは阿南市のゆるキャラ「あななん」
あななん

ライオン?太陽? …いいえ、ひまわりです



次は普通列車に乗り換えて日和佐駅まで行きます
普通列車牟岐行き



途中の由岐駅と木岐駅の間には

夏の海水浴シーズンにのみ駅として営業する

臨時駅 田井ノ浜駅があります



普通列車といえど、その田井ノ浜駅の駅名表を撮るのは至難の業です

どのタイミングで駅舎が来るのか

どこに駅名表が設置されているのか

私たちは知りません



「駅きた!これだこれだ!」
田井ノ浜①

「ここ!これこれこれ!!」
田井ノ浜②

「あー…」
田井ノ浜③

「…」

撮れず




次に私たちは日和佐駅で降りました
日和佐駅


日和佐はうみがめの産卵で有名な日和佐海岸があり

道の駅のお土産屋さんにはカメ、カメ、カメ…

カメ好きの方にはたまりません
カメカメ

カメ





また厄除の寺で有名な薬王寺がありますね

さっそく薬王寺に行ってみました

駅からすぐ見えるところにあり、歩いて参拝に行くことができます
薬王寺①



階段が辛いです…老
薬王寺②



もうちょっと…
薬王寺③



到着しました
薬王寺④



登りきった達成感が何ともいえません
薬王寺⑤



そして達成感の後は… この急斜面に恐怖です
薬王寺⑥



さらにちょっと一息…

徳島県南部の魅力を体感いただけるモニターツアーがあります

かめたろうと『四国の右下』deチャージ・満喫ツアーです



徳島駅から特急列車むろと号で日和佐へ向かい

アオリイカ一夜干し作り体験
(干したいイカは持ち帰って自宅で干していただけます)

乗船観光でうみがめマリンクルーズ(荒天時は子がめのふれあい体験)

お昼は刺身定食をいただき

フリータイムには道の駅でお買い物(薬王寺散策もできます)

募集人員には限りがございますので、ご注意くださいね



案内人の「かめたろう」と一緒に

魅力ある大自然や食・観光資源の宝庫である

「四国の右下」へぜひお越しください

詳しくはこちらをご覧ください四国の右下↺







いま、高徳線・牟岐線の沿線地域が熱いです…

列車を交通手段としてだけではなく、鉄道と沿線地域と地元の人々が一緒になって

四国をもっと盛り上げていく取り組みが行われています
阿波踊りポスト



次はどんな発見ができるでしょうか



お楽しみに





みなさま、こんにちは



2月に入り、寒さが一段と厳しくなりましたね

風があまり吹いていない日でも

体のから冷える そんな寒さを感じます

そんな時は日なたを探して歩いたり

少しでも風よけになるような場所を見つけたりと 

いつも必死です


春よ来い   …いや、来てください





先日、私たち客室乗務員は普段乗務しない区間を勉強しに行きました

区間はコチラ

出張コース


① 予讃線 伊予長浜経由 海周り一周コース

② 土讃線 土佐くろしお鉄道(ごめん・なはり線)コース

③ 土讃線 特急列車南風コース

(クリックでそのコースのブログを見ることができますよ



「この駅はどうなっているの?

「近くに有名な名所やキレイな景色はあるの?

「他の乗務員はどんな風に仕事をしているの?

疑問に思っていることを実際に見て・聞いて・学ぶことができました





が、まだ足りません…

ということで第2弾に行ってまいりました



今回、勉強する区間はコチラ

出張コース②

④高徳線 牟岐線突入コース

⑤5線区(高徳・鳴門・徳島・土讃・予讃)一周コース



私たちの知らない四国がまだまだあります

各線区で得た知識が一つに繋がったとき

四国全体が見えてくるのではないかと思います





それぞれの出張での出来事は、また次のブログで更新します



乞うご期待


みなさま、こんにちは

私たち、客室乗務員は
快速列車や特急列車
乗務しているのですが
その特急列車の中に
アンパンマン列車」があるのは
もうみなさんご存知ですよね

ご存知でない方のために…

アンパンマン列車


列車の内装、外装に
「それ行け!アンパンマン」に
出てくるキャラクターたちが
可愛らしく施されています
とってもキュートです
いろんな仲間がいるのでコチラをご覧くださいね

chi.jpg


これは私たちが車内改札をする際の
必須アイテム「チケッター」というもの
これで切符にスタンプを押します

chi5.jpg

アンパンマン列車での車内改札時は
なんとなんと
アンパンマン柄のスタンプなんです

私が切符にスタンプを押し
お返しした瞬間、小さなお子さまたちは
「アンパンマンやアンパンマンや
と興奮しだすこともしばしば

先日、アンパンマン列車での車内改札で
小さな女の子との切符のやりとりがあった際に
たわいないお話をしました

その子は

『大きくなったらに車掌さんなるんや
と言っていました

(正確に言うと私たちは
客室乗務員なのですが…

「どうして車掌さんになりたいの?」

と理由を聞くと

『ハンコいっぱい押せるけん

とキラキラした笑顔で教えてくれました

日頃の私たちの仕事を見てくれていて
大きくなったらなりたいものとして
思ってくれることは
とても嬉しかったです

こういう出来事があると
この仕事をしていてよかったなと
心から思えるし、励みになります

そのまま大きくなって
「車掌さん」として、あの女の子と
一緒にお仕事できる日が来るのを
楽しみに今日もお仕事
頑張ってきます
こんにちは!皆さまにご案内いたします

私たち客室乗務員の仲間を募集しています


客室乗務員は、JR四国の高松駅を起点に

特急列車『いしづち』、『しまんと』、『うずしお』

快速列車『マリンライナー』などに乗っています


採用日は、平成27年4月1日(水

応募期間は、平成27年2月2日(月)~平成27年3月2日(月)必着

選考会は、平成27年3月9日(月)に行います


書類選考の後、合格した方に選考会のご案内をいたします


応募方法は、履歴書(写真貼付)を郵送してください

応募先など詳しくは、JR四国ホームページ内にある

客室乗務員採用情報をご覧ください

また、客室乗務員の仕事内容なども掲載しています



お客さまに気持ちよく、快適にご旅行していただく

旅のサポートを、ぜひ一緒にやってみませんか

お待ちしてます





みなさま、こんにちは





みんなで出張、3日目

土讃線 特急列車南風コースです






今回は特急列車南風号の主な停車駅で降車し

駅構内の設備や乗換方法、駅周辺の様子、観光地について学びます

土讃線特急南風号





さっそく、出発です





高松発、高知行き特急列車しまんと号に乗車します

高松から乗り換えなく高知方面へ行くことができる特急列車しまんと号は

1日5本(しまんと1号、3号、5号、7号、9号)運転しています

特急列車しまんと号




『こんぴらさん』の愛称で親しまれている金比羅宮へご参拝の際には

こちら  琴平駅でお降りください

琴平駅こんぴらさん




琴平駅を出ると山間部に入り、たくさんのトンネルを通過します

先頭車両から見ると、客室からとは違った景色が見れます

トンネル、通過




琴平から先は普段乗務しない区間なので、新鮮な景色が続きます

頑張って写真を撮っています

撮影中




ここは阿波池田駅構内です  留置側線が多数あり、線路がいっぱいです

阿波池田駅構内




阿波池田駅を出ると

吉野川の激流によってつくられた壮大な渓谷美―

大歩危、小歩危峡を望むことができます

大歩危小歩危



四季折々で表情を変える渓谷美を間近に眺めると

自然の力強さ、神秘的な景観に圧倒されます

ここでは舟くだりラフティングバスツアートロッコ列車など

大歩危小歩危を堪能することができる

さまざまな取り組みが行なわれています





私たちはまず、土佐山田駅で一旦降車しました


駅のすぐ近くには、パッと目を引くインフォメーション施設があります

土佐山田駅とインフォメーション

施設内には、周辺の情報を詳しく教えてくれるスタッフさん

そして、作者 やなせたかし さん直筆のサインと

アンパンマンキャラクターたちが迎えてくれます

やなせたかしさん




次は土佐山田から普通列車に乗車し、後免へ向かいます


普通列車須崎行き




後免駅は駅構内で土佐くろしお鉄道に接続しています


後免駅ごめん駅

ごめんごめん…




そのユニークな名前から土佐くろしお鉄道の駅名にはひらがなが使われています

「ごめん…」

記念撮影をする際は、謝罪ポーズが面白いかもしれませんね




次は後免からさらに普通列車に乗車し、高知へ向かいます

普通列車高知行き




この日の高知はお天気もよく、少し暑いくらいでした さすが南国です

NEW高知駅


駅の中二階では

大きな鳴子(なるこ)と大きなアンパンマンが出迎えてくれます

高知駅アンパンマン




高知にお越しいただいた際は、ひろめ市場でお食事はいかがですか

ひろめ市場




ここでいただくカツオのたたきは一味違います

カツオのたたき




路面電車やバスが充実しており、アクセスがとても便利です

路面電車





なお、JR四国では

JRと高知または大歩危・祖谷温泉郷の宿泊がセットになったおトクなプラン

『大歩危・祖谷 高知キャンペーン』を実施しております

往復のJR切符に高知または大歩危・祖谷温泉郷の宿泊がセットになった宿泊プランや

高知県民が推薦した食事がセットになった「県民推薦 あじな散歩道」など

季節限定で大変おトクな商品を取り扱っています

ぜひ、おトクな商品を利用して

高知を満喫しにお出かけしてみてはいかがでしょうか





高知からは再び特急列車南風号に乗車し

高松方面へは途中の多度津で南風リレー号に乗り換えとなります

特急列車南風号




出張3日目、無事に終了しました

さっそく資料を作成

今度は本のようにめくるタイプです

完成!



メンバーで学んだ情報をみんなで共有し

私たち客室乗務員が乗務しない区間であっても

これからお客さまが行く先々のことを考慮しながらご案内すると

よりお客さまに安心して、楽しく、快適にご利用いただけると思います



日々、勉強です 

今後の学習にもご期待ください




 | Copyright © JR四国客室乗務員でございます All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ