みなさまこんにちは

梅雨に入り、曇り空の日が続きますね

お出かけ好きな私は
瀬戸内海の島々を舞台に繰り広げられる現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2013」に行ってきました。

※春の部開催(3月20日~4月21日)

私が行ったのは、香川県坂出市の沙弥島(しゃみじま)。

沙弥島の数ある作品の中で、最も印象に残ったのがこの作品!


「階層・地層・層」という作品です

一目見て、「巨大たけのこだ!」と思った私の想像力の貧しさといったら…



まあ、それは置いておきまして、
ぐるぐるぐるぐる登ってみると結構高くて眺めが良かったです

下で並んでいる人の列がかわいく見えてほっこりしました


沙弥島からは瀬戸大橋も望めます。


素晴らしい景色が一望できるこのベンチは
「八人九脚」という作品です!

今にも海に向かってイスが走り出しそうです…だから私座れませんでした



芸術を楽しんだ後は、写真中央に見える瀬戸大橋タワーに上りました


このタワーは瀬戸大橋記念公園内にあり、

走行中のマリンライナーからも見ることができます。

以前から気になる存在でした




タワーがあったら上らずにはいられません


タワーに上ると「今!自分が1番高いところにいる!」という優越感に浸れますよね


あと空に向かって一直線に立つあの立派な姿!かっこいい!たまらない!


さて、この瀬戸大橋タワーですが、
なんと!展望室が360°回転しながら上昇するんですよ

景色もきれいで楽しかったです。

一度は上がってみたいタワーランキング6位だそうです。

なかなかやりますね!


坂出の沙弥島、見所満載でした


ちなみに、沙弥島の「八人九脚」は
瀬戸内国際芸術祭の春期間のみの開催だったのでもう終わってしまいましたが、

「階層・地層・層」は引き続き鑑賞できるそうなので是非おでかけください



瀬戸内国際芸術祭の次の開催はです!7月20日から開催されます

みなさまも芸術と瀬戸内の魅力を探しに行きませんか!!

 | Copyright © JR四国客室乗務員でございます All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ