みなさま、こんにちは

先日、お休みを利用して福岡へ行って来ました(^∇^)ノ

今回は、九州応援第二弾!

門司港にある九州鉄道記念館編です


さっそく中へ入ると
大きなSL機関車がお出迎えです
IMG_17561.jpg

旧九州鉄道本社屋が展示場になっています。

明治時代に製造された客車がありました

IMG_1757.jpg

車内はを使用していました
とても風情ある車両ですね


館内にはヘッドマークが展示されていたり

IMG_1758.jpg

たくさんの列車に関係するものが、この旧九州鉄道本社の中に詰まっていました

IMG_1759.jpg

見て触れてと、たくさん体験できるので
小さなお子さまはもちろん大人でも楽しめると思います

九州鉄道記念館の入場料は
大人300円 中学生以下150円です


ちなみに、朝は船で山口県下関市に向かい
唐戸市場で朝ご飯を食べましたヾ(・∀・)ノ

IMG_1940.jpg

関門連絡船5分で行くことができます

IMG_1764.jpg

下関といえば・・・フグですよね
朝から豪華な朝食を堪能しました(^-^)/

門司港では焼きカレーを食べました
有名なお店は開店前から行列でした

IMG_1762.jpg


福岡へ足を運んだ際には、ぜひ!
門司港周辺を観光もしてみてはいかがでしょうか?


みなさま、こんにちは

初めてブログを書きます(。>ω<。)ノ緊張していますが。。。

お手柔らかにお願いします

実は旅行好きな私

今まで北陸、九州、そして立山など色々な所に出かけてきました

今回は。。実は通った事があるだけで観光したことの無い所へ行ってきました

そこは。。。。

名古屋です

新幹線では通ってはいたんですがね

名古屋といえば。。

たくさんの美味しい食べ物がありますね

ひつまぶし、味噌カツ、きしめん、手羽先。。。

どれも堪能してきました
食べ歩きも旅行の楽しみの一つですよねヾ(o´∀`o)ノ

そして、もちろん名古屋の観光名所も欠かせません

熱田神宮、名古屋城金のしゃちほこもしっかり見てきました

でも今回の一番の目的。。。

それは。。。

実は。。。


リニア鉄道館です

ずっと気になってはいたものの。。行った事がありませんでした

一緒に行った友達は鉄道に興味がある訳では無かったのですが。。

実際に行ってみると友達もテンション上がって楽しんでおりました

リニア鉄道館では新しい新幹線と言われる超伝導リニアの車両が並んでいたり

実際に車両の中に入れたり

リニア新幹線

引退した新幹線が並んでたり

ドクターイエロー

もちろん昔活躍した車両もたくさん並んでいます

新幹線のしくみについて学べるコーナーもあり

子どもにも体験式で学べるようになっていました


そして何といっても一番のオススメは・・・

みなさんも車掌に

そして運転士に・・・

そしてそして新幹線の運転士に

なれちゃうんです

しかし。。。その為には抽選で選ばれなくてはいけません

が必要です

私も友人もせっかくなのでやってみようと応募したのですが。。。

残念ながら私は外れてしまいました

友達は見事に当選し、在来線の運転士のシュミレーターをすることに

そして必死に運転していました(*´ω`)┛

新幹線N700系の本格的なシュミレーターと大画面の迫力が凄かったです

リニア鉄道館に行かれたら、ぜひ体験に応募してみて下さいね


子どもから大人まで楽しめるリニア鉄道館のお話でした


インドア派の私を見かねて、同期が高知へと連れ出してくれました

特急しまんと1号で高知駅へ(高知8:17着)
  帰りの特急しまんと6号(高知17:13発)まで時間はたっぷり


真っ先に行ったのは、月の名所 琴ヶ浜海岸
長く続く砂浜、穏やかな太平洋を眺めながら朝ごはんを食べました
琴ヶ浜海岸1

さて、次はどこへ行くのでしょうか 実は私は行き先を知りません
同期が計画を立てたサプライズツアーとなっております


次に訪れたのは 北川村 「モネの庭」 マルモッタン
なんとクロード・モネの自宅の庭を再現しているのです
美術好き、自然大好きな私はテンションが上がりまくりです
モネの庭

スイレンは午後になると閉じ始めるそうなので「水の庭」へ急げっ
10月末頃まで楽しめるそうなので、興味のある方はぜひ
睡蓮アップ1

「光の庭」に続く遊歩道はマイナスイオンがいっぱい
緑に囲まれて完全にリフレッシュされました
遊歩道1


旅の最後には室戸岬の少し手前「室戸ドルフィンセンター」
かわいくて芸達者なイルカたちに癒される~

イルカ

高知の自然は気分転換にぴったり 素敵な旅をありがとう


今回、私たちが訪れた場所では
「高知家 まるごと東部博」が開催されています
それに合わせて、おトクに旅ができる
「高知家 まるごと東部博きっぷ」を発売中です 詳しくは→コチラ
皆さまも高知へお出かけしてみて下さいね

琴ヶ浜海岸
土佐くろしお鉄道の和食駅から徒歩7分

北川村「モネの庭」マルモッタン
土佐くろしお鉄道の奈半利駅からバスで9分

室戸ドルフィンセンター
高知東部交通バス室戸営業所で下車、徒歩5分
皆さま、こんにちは



突然ですが、
「ご当地ピンズ」というものをご存知ですか
「ご当地ピンズ」には他に、「ご当地ストラップ」、「鉄道ピンズ」などがあります

Kiosk00.jpg





「ご当地ピンズ」は各観光地の名物や行事などをモチーフに、
絵柄を丁寧に書き起こした地域限定ピンズです

中でも「鉄道ピンズ」は、
   「全国の鉄道ファンのためのコレクション商品」
   「旅行した時に利用した鉄道の乗車記念」
というコンセプトをもとに、全国の鉄道の商品化・品揃えが充実しています

「ご当地ピンズ」を見かけたら、旅の「記念」・「思い出」・「お土産」として
ぜひやってみてはいかがでしょうか





高松駅なら、
改札口隣りのKioskの ココと、
Kiosk01.jpg

みどりの窓口前のBIG Kioskのココに!!
Kiosk02.jpg



種類は全10種類
7つの駅(学駅は入場券)と3つの特急列車のヘッドマークがピンになっています




私事ではありますが、気力と、体力と、100円玉があるときに
コツコツと集めてきました



そして…ついにっ
コンプリート致しました

No03.jpg

「っやったー!!叫」





しかし振り返ると・・・ご覧の通り山盛り
かぶりにかぶってしまいました・・・

No04.jpg





何が出るかはお楽しみ

お目当ての物が出た瞬間は思わず(心の中で)飛び上がってしまうはずっ




皆さまもぜひチャレンジしてみてくださいネ

No05.jpg



さて、今回は「おおぼけ1」の続きで、川下りについて綴ろうと思います。

もう少しだけお付き合いくださいませ

温泉で癒された後、大歩危峡を遊覧船で回りました(こちらはオプション料金です。)
ホテルからの送迎を利用して、15分で到着

紅葉シーズンだった事もあり、長蛇の列

20121220190032cc2[1]

団体客が多く、大盛況!!
一隻に約20名ずつ乗船でき、スムーズに順番がまわってきました
乗船前、大歩危をバックに記念撮影がありました
その写真が非常にいい具合に仕上がってるんです
船を下りた後、思わず2枚購入


話は戻りまして・・・
乗船口近くにいた水鳥

2012122019064238e[1]

かわいいでしょ?
案内しますよっと言わんばかりに、近くをすいすいと泳いでいました

さて、この船下りは、船頭さんの解説付きです

みなさまも大歩危峡の景色をお楽しみください

じゃーん!

20121220190905995[1]

2012122019103159b[1]

20121220191102b39[1]

自然が作った造形物の迫力に驚きました!!
ちなみに、3枚目は猪にも見えると言われているそうなのですが、見えますか??

そして、私たち客室乗務員が児島~琴平間を乗っている土讃線も見えましたよ

20121220191346f4b_20130109192059.jpg

列車からも大歩危、小歩危が見え、舟から手を振っていることもあるので、
列車にご乗車の際はぜひ車窓をお楽しみください★
そして手を振り替えしてみてください

紅葉シーズンではなくても、この川下りはいつでも楽しめます。
気になる方は、こちらをどうぞ  クリック

皆さまもぜひ大歩危に足を運んでみてはいかがでしょうか?


 | Copyright © JR四国客室乗務員でございます All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ