みなさまこんにちは
すがすがしい秋晴れ
まさに行楽シーズン

そんな中、わたしは先日
小豆島へ行ってきました

小豆島行きのフェリーは
いくつかありますが
今回わたしは、高松駅から少し離れた
朝日町から出航する
ジャンボフェリーを利用しました
高松
フェリーに乗り込み
高松とは、しばしのお別れです

小豆島、坂手港に到着し
まずはオリーブ公園
オリーブ公園
見つけると幸せになるといわれている
ハート型のオリーブの葉
一時間ほど探しましたが
見つけることはできませんでした
オリーブは、まさに
今の時期が収穫時期だそうですよ

オリーブビーチへも足を運びました
海
わたしの地元も海が近いこともあり
懐かしさにかられ
打ち寄せる波音に癒やされ
心地よすぎて寝てしまいそうに
透き通るような青色で
本当に綺麗な海でした

次は寒霞渓
葉の色も紅葉色に変わりつつ
紅葉
頂上からの景色にはうっとり
寒霞渓
写真では思うように
お伝えできないのが
残念ですが、、
まさに絶景でした

頂上まで行くとロープウェイを
利用することもできます
寒霞渓は秋の紅葉スポットとして、とても有名です
この機会にぜひ、お出かけしてみては
いかがでしょうか

寒霞渓からの帰り道
大きな観音様を発見っっ
大観音様
思わずパシャリ
大観音様沸歯寺
別名:しあわせ観音
と呼ばれています

調べてみると
高さは約50~60メートル
なんと中にも入ることができるみたいで
1万体の仏像が
並んでいるそうです
しあわせ観音を見たわたし
いいことあるかな

他にもいろいろと巡りましたが
小豆島といえば醤油ということで
名物の醤油アイスをいただきました
アイス

小豆島空気が気持ちよくリラックスできて
本当に楽しい時間を
過ごすことができました

そこで、みなさまにオススメ
JR四国では往復のJR切符と
お食事がセットになった日帰り旅行
駅長推薦あじな散歩道
好評発売中です
もちろん小豆島プランもご用意しています
この機会に、どうぞご利用ください
先日は、10月22日から23日にかけて
台風21号の接近に伴いJR四国管内におきましても
多くの線区で、列車の運転を見合わせる等
ご利用のお客さまには大変ご迷惑をおかけいたしました
お詫び申し上げます




さて、みなさまこんにちは10月も終盤にさしかかりました
そう!もうすぐハロウィンがやってきます

 HappyHalloween 

そんな中、私はつい先日ハロウィンで賑わいをみせている

ユニバーサルスタジオJAPAN

ビュー-ーンと新幹線でいってまいりました
IMG_6699.jpg





現在、USJでは

ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン

11月5日まで開催中

アトラクションがハロウィーンverになっていたり
期間限定のイベントやパレードなど

子供から大人まで 家族みんなで楽しめること間違いなし

仮装をしてキャラクターたちと記念撮影するのも良し

IMG_6700.jpg


グルメを満喫するも良し

IMG_6701.jpg


楽しみ方はです




6時からは・・・
ハロウィーン・ホラー・ナイト
パーク中をゾンビが埋め尽くします

IMG_6702.jpg

逃げ切ることはできるでしょうか?!?!
ぜひ、、、 あなたの、、挑戦を、、、、、







興味をお持ちいただいたお方にオススメ 

JR四国では阪神往復フリーきっぷを発売中
新幹線の普通車指定席と阪神地区のJRフリー区間がセットになった
たいへんお得なきっぷです

もちろん
最寄りのユニバーサルシティ駅もフリー区間に含まれています



短い秋の思い出づくりにUSJ  へ遊びに行ってみてはいかがでしょうか
その際はぜひJRをご利用くださいませ~~~ 
今日は十五夜
花より団子ならぬ、月より団子の私です

最近は涼しく過ごしやすくなり
まさにお出かけ日和です
団子を求めて、高知の夜須へ遊びにいってきました

高松から、8:25発しまんと5号に乗り
後免駅で土佐くろしお鉄道のごめん・なはり線に乗り換えます

展望デッキ付きのしんたろう2号

しんたろう2号

ごめん・なはり線は、ごめん駅から続く、のどかな田園風景や
あかおか駅以東より太平洋のすぐ近くを走るため
自然をダイレクトに感じられます

どこまでも続く、空と海の
まさに絶景

ごめん・なはり線海

夜須駅で降り、すぐ側の「道の駅やす」で
おすすめの鰹のタタキを食べることに

わら焼き体験をさせていただきました

20171004144915a79[1]


鰹の塩たたき

本場、高知の鰹のたたきは絶品
美味しすぎて、思わずリピートをしました

その後、土佐ロイヤルホテルに移動し
昼食を食べました
鰹のカツレツ丼

鰹のカツレツ丼

カツなのに鰹…今まで味わったことのない不思議な味でしたが
おいしくいただきました

土佐ロイヤルホテル内にある温泉へ

日本初の室戸海洋深層水露天風呂があります
広々とした露天風呂は本当に
気持ち良かったです

備え付けのアメニティには
高知県の名産品である、ゆずを使用した
シャンプーや石けんがあり
香りに癒やされながら、リフレッシュできました


温泉を楽しんだ後は列車で高知駅へ

駅から徒歩5分のところにある
生姜料理専門店「林のヤモリ」に行きました

林のヤモリ

ジンジャービール
林のヤモリ特製のジンジャーエールで乾杯

乾杯

生姜料理専門店だけあって
メニューは生姜生姜生姜

全ての料理に生姜が入っています
生姜好きにはたまらないお店です

トンキコ

私のお気に入りは
このお店の人気メニュー「トンキコ

豚バラ軟骨を生姜とたまねぎで
煮込んだものらしいのですが、これが絶品で
骨までトロットロに煮込まれたお肉は
最高に美味しかったです

食べてばかりの日帰り高知旅行でしたが
ぞんぶんに楽しめました

高知駅からは、19:34発しまんと8号に乗り
高松まで帰りました

食欲の秋みなさまもぜひ、魅力満載の
高知家へ遊びに行ってみてはいかがでしょうか


みなさま、こんにちは

9月に入りましたが、
まだもう少し暑さは続くようです
みなさま体調管理には十分お気をつけください

先日、お休みを利用して
大分県に行ってきました

九州では、熊本地震や九州北部豪雨の影響により
JRは一部区間が今でも不通となっていることもあり
九州を応援しようという想いも込めて、人生で2回目の九州へ
そして、初めての大分県

おんせん県と呼ばれる大分では
由布院や別府など有名なところがたくさんあります

今回、私は別府温泉の地獄めぐりをしてきました

最初の目的地は海地獄です

入り口の門をくぐると
美しい庭園が広がります

睡蓮の花

ピンク、白、黄色、紫、色とりどりの
かわいい睡蓮の花がたくさん咲いていました

大鬼蓮

ここには日本一の大鬼蓮もあります
重さ20kg(小学校低学年くらいの子)までなら
乗せられるそうです ビックリ

奥に進むと見えてきました海地獄

海地獄

湯気で見えづらいので、近づいてみると…

コバルトブルー 海地獄

美しいコバルトブルーの池がありました
「ほんとに地獄かな」と、疑ってしまいますが
温度は、なんと98℃もあるそうです
まぎれもなく地獄のようでした。

ここでは、海地獄で熱した
「温泉ゆでたまご」や「地獄蒸し焼きプリン」が
売店で購入できます

地獄蒸し焼きプリン

プリンは地獄で作られているので
多少、素がたっているのはご愛嬌
とってもおいしく、まるで天国でした


次に向かったのが血の池地獄です
名前だけ聞くと末恐ろしいですよね

血の池地獄

その名の通り、血の池にしか見えません
まさに地獄のようでした。

そこで展望台から眺めてみることにしました

血の池地獄 展望台から

やっぱり地獄のようでした。

地獄めぐりを楽しんだあと、ゆったりと温泉に入り
まさに天国のようなひとときを過ごしました

四国LOVEな私ですが
たまには遠出し、リフレッシュするのも
悪くないなあと感じられた旅でした

これからの秋の行楽シーズンにぜひ
遠くへお出かけしてみてはいかがでしょうか
みなさまこんにちは
8月もあと僅か、夏も終わりに近づきました
暑さも少しずつ和らいできましたが
いかがお過ごしでしょうか

今日はわたしの夏の思い出を
紹介します

まずは、真夏の涼をもとめて
徳島県と高知県に流れる清流
『吉野川』 でラフティングへ
激流をボートで下り
時にはゆるやかな川の流れに身をまかせ
楽しみました
bo-to.jpg


次に、夏を象徴する花 『向日葵』 を見に
土讃線JR塩入駅へ
駅を降りると
辺り一面に咲き誇る 『向日葵』 を見渡せます
himawari (2)


同じく、まんのう町にある 『まんのう公園』 で開催されていた
『あじさいまつり』 にも足を運び
40種2万本色とりどりの紫陽花に癒やされました
あざいさい


最後に、まつりの風物詩といえば 『花火』
四国各地でたくさんの色鮮やかな花火が
打ち上げられましたね
わたしの印象に残っている
愛媛県宇和島市津島町で開催された
『つしま夏祭り』 の花火をご紹介
ナイアガラ
この花火は 『ナイアガラ花火』 と言われていて
横長のワイヤーから発火した花火が
下へ流れ落ちる様を
カナダの 『ナイアガラの滝』 に例えています
全長800メートルにも及ぶ
『ナイアガラ花火』 にうっとり
迫力満点でした


みなさまは、この夏
どちらへお出かけされましたか

夏も終わりに近づきましたが
お体をお大事になさって
それぞれ思い出深い残夏をお過ごしください

 | Copyright © JR四国客室乗務員でございます All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ